【14日伊勢崎10R】本紙の見解&選手コメント

2019.8.14 09:01

 《10R・準決勝》3日目10R・準々決勝Aでは7枠から鋭発で2番手につけ、2周1角で先頭に立つ速攻劇。佐藤貴が2日目からの連勝を飾った。「フレーム回りをチェックして、跳ねも軽減した。成績がいいので、あまりバタバタしないでいきます」とマシンの仕上がりは納得の域だ。

 前回SGの浜松オールスターでは、不安定な走路となった準決勝で悔しい3着。ここは気迫の速攻で抜け出し、3連勝でファイナルに名乗りを上げる。

 昨年準Vで悲願のタイトル奪取に燃える同期・早川も好勝負。〔4〕⇔〔7〕を厚めに、粘る佐藤摩と鈴木宏へ〔4〕〔1〕、〔4〕〔2〕。

 雨なら実績で上回る佐藤貴の1強ムードで〔4〕〔1〕、〔4〕〔8〕、〔4〕〔7〕。

 【3連単】は〔4〕⇔〔7〕〔1〕、〔4〕⇔〔7〕〔2〕、〔4〕〔1〕⇔〔2〕。

S想定(1)(2)(4)(7)(3)(5)(6)(8)

〔1〕佐藤摩「試走は乗りづらかった。跳ねはなかったけど、滑りがあった」
〔2〕鈴木宏「ドドドはなくなったが、先まで伸びなくなった。バネ調整」
〔3〕佐々木「最終レースになるとエンジンが変わる。軽くなっていた」
〔4〕佐藤貴「変わらずいい感じ。ドドドも軽減した。スタートは完璧」
〔5〕鈴木聡「一人で乗るぶんにはいいけど、人と合わせると手前が弱い」
〔6〕浦田「シリンダーなどを換えて車は良くなった。力強さが出てきた」
〔7〕早川「ロッドを交換した。伸びは出たけど、立ち上がりで滑る」
〔8〕山田達「ロッドを換えた。進み具合は良くなったが、まだ鈍さがある」

閉じる