【13日伊勢崎5R】斎藤撤二が準優進出へ集中

2019.8.13 04:53

 2日目2Rの二次予選Cでは斎藤撤二(川口)が、激しい首位争いを制して1着。初日8着からの勝負駆けに成功した。「タイヤを換えたら良かった。車は普通くらいですよ」。10日の川口では弟子の上和田拓海が34期では優勝一番乗りを果たした。「正直、試走を見て優勝できると思って安心していました」と目を細める。「川口の将来のホープだからね。弟子の心配をせず、自分のレースに集中できる」。3日目準々決勝Bも気迫の走りでセミファイナル進出を狙う。

閉じる