『SG第23回オートレースグランプリ』を地元の吉原らがPR

2019.8.7 20:50

 11日から15日まで群馬県伊勢崎オートレース場でナイターで開催される『SG第23回オートレースグランプリ』のPRのため、出場する地元レーサーの吉原恭佑(30)=32期(左)、伊勢崎オート・グリットガールズ『G★Smil』のちゃろさん(右)ら関係者が7日、東京・大手町のサンケイスポーツ編集局を訪れた。

 大会連覇がかかる青山周平、悲願のSG制覇を狙う早川清太郎、SG21冠を誇る高橋貢ら地元勢を筆頭に、ナンバーワンの鈴木圭一郎、5月のオールスターに続くSG連続Vを狙う荒尾聡らが覇を競う。

 準Vとなったオールスターに続く活躍が期待される吉原は「地元のSGは一番取りたいレース。しっかり車を仕上げて自信を持って臨みたい」と、ビッグタイトル初奪取に意欲を見せた。一方、ちゃろさんは「ネットから車券を購入する人も多いけど、優勝戦だけでもいいので、ぜひ生のレースを観てください」とアピールした。

 伊勢崎市公営事業部の宮野雅秀部長は「最終日は“優勝戦ハンパナイ”ということで、打ち上げ花火などで盛大に盛り上げます。売り上げ目標は15億5000万円です」と語った。

閉じる