【28日伊勢崎12R】中野光公16年ぶりGI優出

2019.7.28 04:52

 斑走路へと変化した準決勝11Rでは、ハンデが重化した中野光公(伊勢崎)が価値ある1着。鈴木宏にいったんはさばかれながらも、再逆転に成功した。「だいぶ久しぶりですよね」と2003年11月の浜松『秋のスピード王』以来、約16年ぶりのGI優出に笑顔を見せる。前節の浜松からキャブの調整をして連続優出とマシンは快速ムード。ファイナルに向けては「メンバーはすごいけど、気楽にいきたい」と、0ハンから見せ場をつくるか。(伊勢崎)

閉じる