オート:ニュースオート

2019.1.11 05:00

【11日伊勢崎】オートレースちゃんねる

左から新井恵匠、木村義明、高石光将

左から新井恵匠、木村義明、高石光将【拡大】

 初日7Rの木村義明は道中で同ハンの高石光将に差されるも、すぐに逆転して先頭を死守。そこからは栗原俊介、早川清太郎に迫られながら最後までトップを譲ることなくゴール。幸先のいいスタートを切った。

 「昨年の最後のレースは山陽で1着、そして今年の走り始めで1着なんて、まるで夢のようです。めちゃくちゃうれしい」

 昨年は思うような走りができず、GIでの白星は2017年のこの大会以来2年ぶり。それだけに喜びを噛みしめていたが、この日は4Rで弟子の新井恵匠も勝っており、師弟そろっての1着だった。

 「昨年の暮れぐらいからエンジンが少しずつ良くなってきました。初日の試走は32だったので、2日目は31を出せるよう、うまく仕上げていきたい」

 2日目の木村義は11Rに出走。同ハンの田島はスタートがそれほど早くないだけに先手は必至。初日よりペースを上げられれば前節からの連勝を『3』に伸ばすことも望めそうだ。

 《選手のコメント》
◆桝崎陽介(1R)「久々にすごく跳ねた。前後のタイヤを交換。朝練習では直線の感じもまずまずだったので、エンジンは悪くなさそう」
◆金子大輔(1R)「エンジンは全然駄目。腰回りも合っていない。セッティング」
◆内山高秀(2R)「車は悪くないが、もっと速い人はいるし上積みは必要。調整」
◆中村雅人(2R)「跳ねるしエンジンも軽い。全体的な上積みを求めて何かやる」
◆佐藤貴也(3R)「若井さんに手前から離される感じがあった。跳ねるのでフォーク回りの調整とセット」
◆押田和也(4R)「逃げられたし車は悪くないが、少しゴツゴツする。タイヤを選ぶ」
◆田村治郎(4R)「日が照ったせいか手前からいく感じがなかった。リング交換」
◆伊藤信夫(4R)「序盤は跳ねたけど、後半は跳ねもなくなり追っていけた。セット。スタートは最近いい」
◆荒尾聡(4R)「跳ねはなかったが進まない。ヘッド回りの調整とタイヤ交換」
◆黒川京介(5R)「エンジンの仕上がりは結構いい。立ち上がりをしっかり開けられるように練習します」
◆田中茂(5R)「クランクを換えて力強さと伸びが出た。微調整とタイヤ」
◆新井恵匠(6R)「レースアシはまあまあ。乗っていて、もう少し余裕がほしい。セット」
◆鈴木清市(7R)「エンジンは川口のまま。試走29が出たし悪くないのでこのままで。タイヤだけ交換」
◆新井裕貴(8R)「エンジンはいいけど跳ねがひどい。タイヤとフォーク回り調整」
◆高石光将(8R)「車は木村義さんより強めだったけど、抜けるアシはなかった」
◆藤波直也(9R)「乗りづらいし伸び止まる感じで良くない。ピストン交換」
◆角南一如(9R)「池田さんにも詰めていけたし悪くない。気候を見てキャブ調整」
◆山田達也(10R)「車はいいところにあるが、直線の回転の上がりがもう少し欲しい。セットで」
◆新井淳(11R)「ブレーキが甘くて思い切り突っ込めない。バネを中心に調整」
◆前田淳(11R)「展開が向かなかった。車は悪くないので、序盤の展開を良くしたい」
◆若井友和(11R)「試走も出たし跳ねもなく乗りやすかった。手前を求めて調整」
◆藤岡一樹(12R)「初日にしてはまあまあ。でもすごく乗りづらい。ヘッド回りの調整」

山本ひろみ(やまもと・ひろみ)オート担当

プロフィル

愛知県出身、射手座、O型。内勤で公営競技全般の基礎を叩き込まれてから、オートレース担当の記者へ。機動力だけが取り柄です。