オート:ニュースオート

2018.10.8 20:36

【全日本選抜】鈴木圭が大会3連覇を達成

全日本選抜で優勝し、賞金ボードを掲げる鈴木圭一郎(共同)

全日本選抜で優勝し、賞金ボードを掲げる鈴木圭一郎(共同)【拡大】

 浜松オートの『SG第32回全日本選抜オートレース』は8日、第12Rで優勝戦が行われ、試走29を出し、断然の1番人気に推された鈴木圭一郎(23)=浜松32期=が、10周回を逃げ切り圧勝。大会&当地SG3連覇を、自身2度目のSG完全Vで飾り、賞金1300万円を獲得した。2着は佐藤貴也、3着には金子大輔が入り、地元浜松勢が上位を占めた。

        ◇◇◇

 後続を引き離す圧巻の逃走劇だった。鈴木圭は今月から一新した“ナンバーワン勝負服”をまとい、一気にゴールを駆け抜けると、何度もガッツポーズ。通算7度目のSG制覇を飾るとともに、全日本選抜3連覇、浜松SG3連続Vを達成。しかも、自身2度目のSG完全V(5戦全勝)のおまけつきだ。

 「うれしいとかしか、いいようがない。でも、10周回を逃げるのは疲れました。次はもっとさばきを覚えて、2、3番手からいきたい」

 普通はプレッシャーになるはずの1枠は、4日目まで仕上がり途上のマシンを理由に「逃げ切りなら」と選択したもの。

 しかし、「音は完璧でした」と車は申し分のない状態に。それに「プレミアムCの優勝戦で1枠だった木村武之さんの1コーナーの曲がり方を見て勉強になった」と敗戦の糧もあった。

 次の目標は「SGを勝てたので、流れは戻ってきたのかもしれない。でも、年末は年末で厳しいと思うし、これを取ったことは弾みにはならない。いいレースをするだけ、という思いは変わりません」と表情を引き締めた。

 4期連続でS級1位。“圭一郎時代”は、まだ始まったばかりだ。

(山本ひろみ)