オート:ニュースオート

2018.9.15 05:00

【15日飯塚】オートレースちゃんねる

岩田行雄

岩田行雄【拡大】

 2日目4Rは61歳のベテラン岩田行雄が、3番手発進から力強く追い上げて今節初勝利を挙げた。

 「初日から整備に迷子になっていて、いろいろ聞き回っても分からず終いだったの。そこで前のデータを見て決め打ちで調整したらセットの方向性が決まったんだよね。エンジンがいいとスタートも切れる。それに前に進んでくれる。乗りやすくて全体的に良くなったよ。物足りないところ? もうないね」

 今節の最高齢は69歳の篠崎実、そして64歳の穴見和正に続き3番目の年長者の岩田行。岩田行以外の2人は予選で敗れてしまったが、負けた後も整備はもちろん、篠崎は夕練に出てマシンの調子をうかがっていた。

 若手の台頭も著しいが、まだまだ元気いっぱいで整備にも意欲的なベテラン勢も負けずに活躍してほしいと思う。

《選手コメント》
◆松本康(5R)「最近は何をしても滑る。新品クランクに交換」
◆佐々木啓(5R)「初日のままだが、エンジンはいい。あとはタイヤだけ選ぶ」
◆池田政和(5R)「何もしていないが手前から進まない。タイヤを換えて確認」
◆荒尾聡(5R)「跳ねは軽減したが、車がよくない。クランク、ケース交換」
◆古木賢(6R)「全体的にもう少し足りない。伸びを求めて調整」
◆渡辺篤(6R)「平田さんの助言でキャブをやったら格段に乗りやすくなった」
◆松尾啓史(6R)「フレームを換えて乗りやすさはあった。力強さがないので、フォーク回りとセッティング」
◆青山周平(6R)「リングを換えたが変わらない。手前がない。シリンダー、ピストン交換」
◆浅香潤(7R)「展開が良かった。でも、もまれると駄目だね。もう少し回転を上げられるよう調整します」
◆有吉辰也(7R)「悪くないがレースアシがない。電気位置とフォーク回りを調整し直す」
◆内山高秀(7R)「エンジンは手前も伸びもいい。クラッチの部品を点検する」
◆中村雅人(7R)「リング交換で伸びは出たけど手前が弱い。合えばよくなりそう」
◆浅田真吾(8R)「車は上向き。滑り気味だったのでタイヤをしっかりさせる」
◆加賀谷建明(8R)「タイヤが跳ねた。でも跳ねて4着なので車は悪くない」
◆久門徹(9R)「セットを大幅に扱って乗り味が良くなった。スタートも悪くない」
◆桝崎陽介(9R)「ヘッド交換で上積みはあった。止まりが甘いのでセット」
◆丹村飛竜(9R)「レースアシはあるので、もう少し手前があれば。ヘッド回り」
◆田中賢(10R)「タイヤがよくて手前から進んでくれる。伸びがほしい」
◆田中茂(10R)「車は悪くないが、跳ねが直らない。フォーク回りを調整」
◆高宗良次(11R)「キャブを掃除して気になる感じが解消した。気候に合わせる」
◆遠藤誠(11R)「新品のピストンに交換したら格段に良くなった。手前がいい」
◆岩見貴史(11R)「エンジンは悪くないが、すごく滑る。フレームを交換する」
◆若井友和(11R)「キャブをやったが、車速がなくついていけない。大幅に調整」
◆辻大樹(12R)「手前は良くなったので、あとは流れ込みがほしい。スタートはいい」
◆平田雅崇(12R)「車は初日のまま。もう少し手前から進んでくれれば。調整」
◆吉原恭佑(12R)「まだ少し重いけど手前は初日よりあった。タイヤを探す」

山本ひろみ(やまもと・ひろみ)オート担当

プロフィル

愛知県出身、射手座、O型。内勤で公営競技全般の基礎を叩き込まれてから、オートレース担当の記者へ。機動力だけが取り柄です。