オート:ニュースオート

2018.6.14 05:00

【14日浜松】オートレースちゃんねる

初日5Rを鋭発から追い上げて白星発進の森且行

初日5Rを鋭発から追い上げて白星発進の森且行【拡大】

 初日5Rの森且行は鋭発から仕掛けて4周3角で先頭を奪取。1周1角で他車に被害を与えたとされ審議にかけられたが、セーフの判定で1着が確定した。

 熱走路温度は50度まで上昇していたこともあり、「先に出られないと厳しいと思った」と早めの攻めを心がけた森。まだ「エンジンは普通かな。跳ねているぶん、手前が悪いけど、どちらかというと先の伸びを求めたい」と上積みは必要の様子だが、スタートは「地元でクラッチを新品にしてから感じがいい」と好ムードだ。

 夏場の走路は先行有利だけに、2日目3Rも好スタートを決めて連勝で勢いをつける。

 《選手のコメント》
◆藤波直也(2R)「エンジンは悪くない。軽いのでキャブ調整で対応。滑るのでタイヤ交換」
◆鈴木宏和(4R)「立ち上がりで跳ねる。車は悪くないのでフォーク回り調整」
◆新井恵匠(4R)「朝練は駄目だったけどレースはボチボチ。すごくいい感じではないので、カムを交換する」
◆内山高秀(5R)「滑って追えなかった。タイヤを交換してセットやる」
◆渡辺篤(6R)「今節は下回り整備と新品ヘッドに交換。練習で乗るたびにエンジンが良くなる感じがある。混んでいるレースは苦手なのに進んでくれる」
◆山崎進(7R)「飯塚のままだけど、浜松に来たらさらに音が良くなった。久々にいい感じです。エンジンはこのままで、タイヤは低いので交換する」
◆岡部聡(7R)「回転が上がり過ぎる感じがあり、力強さがない。リング交換」
◆中村友和(8R)「跳ねるし、全然伸びていかない。新品ヘッドに交換する」
◆浅田真吾(9R)「たまたまスタートが切れた。エンジン自体は悪くはない。このスタートを安定させたい」
◆松山茂靖(9R)「セットを大幅に換えて乗りやすくなった。立ち上がりでの車の向きが気になるのでフォーク回りを扱う」
◆加賀谷建明(9R)「道中の展開がよくなかった。エンジンも今イチ。ヘッドを修正する」
◆新井裕貴(10R)「初日はボチボチでした。キャブの部品とリング交換をして上積みをさせたい」
◆青木治親(10R)「2周目くらいからタイヤが滑る。直線も伸びなくなった。タイヤを交換。エンジンは悪くないと思う」
◆岩科鮮太(10R)「立ち上がりで滑るので、直線で伸び負ける。リングを交換」
◆鈴木静二(11R)「伊勢崎のほうが良かった。地元は軽い感じ。力を求める」
◆佐々木啓(11R)「昼間のセットに戻し切れていない。悪くはないので、カム位置を調整する」
◆藤本梨恵(12R)「1回滑らせたらペースが落ちてしまった。流れ込みを求めてヘッド回りを調整する」
◆松生信二(12R)「ピストン、リング交換でエンジンは良くなった。ただ試走から跳ねて乗りづらい。フォーク回り調整」
◆平塚雅樹(12R)「進まない。同期の岩田裕君にアドバイスを聞いてキャブ、電気位置を調整する」
◆中尾貴志(12R)「直線の感じはいいので、あとは流れ込みがあれば。ヘッド回り調整」
◆高橋義弘(12R)「地元からキャブ調整をして朝練は良かったけど、レースは止まりが甘かった。またキャブで合わせる」

山本ひろみ(やまもと・ひろみ)オート担当

プロフィル

愛知県出身、射手座、O型。内勤で公営競技全般の基礎を叩き込まれてから、オートレース担当の記者へ。機動力だけが取り柄です。