【13日浜松】オートレースちゃんねる

2018.6.13 05:00

 前検日。いつもと違ったロッカーの並びにワクワクしていたのは稲原良太郎だ。

 今節は同じ山陽の佐々木啓が稲原の隣のロッカーに入っており、「佐々木さんの横並びは初めてなんです。デビュー前から憧れの選手のひとりで、よく山陽オートの金網越しで見ていました」と緊張の面持ちだった。

 11日の伊勢崎ナイターで通算40度目のVを決めたばかりの佐々木の横とあって、「いい流れがもらえますように」と祈る稲原。初日6Rは同ハンの今田に先行し、しぶとさを発揮できるか注目だ。

       ◇◇◇

 初日は1Rと早い出番となった岡部聡。今年の当地は2節走って8走中3連単に5度絡んでおり、相性としてはまずまず。課題に挙げている夏場の滑りが少しでも軽減していれば、巧腕を発揮しての追い上げもありそうだ。【3連単】(6)(8)(7)、(6)(8)(4)のボックスを狙う。

《選手コメント》
◆重富大輔(1R)「浜松で良かったセットにする。スタートはムラ」
◆加賀谷建明(1R)「最近はエンジンが今イチ。下回りをやったけどパッとしない。セットをやる」
◆木村武之(1R)「前節地元の雨は乗れなかったけど、晴れはまあまあだった。この延長で調整」
◆間中大輔(2R)「前節はリング交換とセットで手前から進むようになった。流れ込みを求める」
◆平塚雅樹(2R)「前節の伊勢崎で新品のピストンに交換。でもキャブのセットを換えたことが一番効いた気がします。ナイターに合っていた。そのままエンジンをかけたら今イチなので、セットで合わせます」
◆岩田裕臣(2R)「地元でシリンダー、ピストン、バルブ交換をして激変とまではいかないけど、少しタイムが出るようになった。フライング持ちなので、スタートタイミングは攻められない」
◆新井恵匠(2R)「エンジンは今イチ。でも最終日は少し良くなった気がするので、セットをやる」
◆斎藤努(3R)「良くないので、リング、ヘッド交換。少しでも良化させたい」
◆内山高秀(3R)「けがからの復帰2節目。レースをするぶんには問題ないです。エンジンは悪くないので、セットで合わせます」
◆松尾啓史(3R)「2節ナイターが続いたので、昼間に合わせるのが難しそう。セットで」
◆高塚義明(4R)「前節からタイヤの跳ねが軽減。前検日に確認してもアシ回りは大丈夫だった」
◆渡辺篤(4R)「ずっとよくない。日替わりのエンジンになってしまった。下回りでロッド交換と、ヘッドも新品にしました」
◆柴田健治(5R)「エンジンはずっと安定しています。前回もここで優出しているし、大きいことはしない」
◆森且行(5R)「地元でピストンを換えたが、変化がない。手前がなく変な滑りがある。乗りながら調整」
◆今田真輔(6R)「エンジンは全然駄目。ヘッド交換」
◆岡谷美由紀(6R)「川口でフレームを換えてから変な滑りはなくなったけど、地元でエンジンをかけたらよくなかった。ヘッド交換」
◆高橋義弘(6R)「エンジンは普通。悪くはない。乗りながら調整」
◆青島正樹(7R)「前節はまあまあ。跳ねもそれほど気にならなかった。ただ新型クラッチにしてからスタートがムラ。練習します」
◆鈴木一馬(8R)「川口の優勝戦はエンジンもタイヤも準決勝のまま乗った。まずまずでしたね。初日はタイヤもこのまま乗るかもしれません」
◆佐々木啓(9R)「伊勢崎の優勝戦(湿走路)は、浜松の雨でインを走って惨敗したので、伊勢崎は外を走ろうと思った。晴れのエンジンも悪くはない。浜松仕様のセットにする」
◆中尾貴志(10R)「跳ねもあるし、よくない。新品クランク、ロッド交換」
◆越智尚寿(11R)「雨だった2節前の浜松優勝戦は滑って駄目でした。今節はそのときとハンデ位置も違うので、どうかな。悪くはないので浜松のセットに戻してからですね」
◆藤波直也(12R)「ここ2節の地元、飯塚は不安定な走路が多かった。晴れのエンジンは変わらず悪くないと思う」

閉じる