オート:ニュースオート

2018.5.15 05:00

【15日川口】オートレースちゃんねる

今年の良走路で初勝利の間中大輔(右)と、同期の山下知秀、高石光将、平川博康

今年の良走路で初勝利の間中大輔(右)と、同期の山下知秀、高石光将、平川博康【拡大】

 今節はハンデが軽化した選手が5人。そのうち、SGオールスターに出場していた平川博康と小林瑞季は、以前のハンデに戻っただけで、実質軽くなったのは間中大輔、君和田裕二、渡辺稔の3人だった。

 この3人で初日に白星を挙げたのは8Rの間中のみ。3車並ぶ20線の大外から伸びて同ハンを叩いて3番手につけると、2周回で早々と先頭に立った。タイムは3・442秒。12Rで一番時計3・427秒を出した中村雅人に次ぐ好タイムだ。間中は前節の山陽湿走路でようやく今年の初勝利を挙げ、今回が2勝目。良走路では初の白星となった。

 2日目8Rは20線2車並びの外。「スタートは大外のほうが気が楽」と思い切り切れるようで、ここは内にスタートが早い吉田幸司が控えるが、序盤でうまく突破できれば連勝も十分だ。

《選手コメント》
◆斎藤隆充(1R)「よくない。流れ込みを求めて調整する」
◆佐藤正人(1R)「伊勢崎では軽かったので、調整したら重くなってしまった。調整し直す」
◆長谷川啓(2R)「手前で滑ってしまい、厳しかった。キャブ、電気位置を調整」
◆稲川聖也(3R)「エンジンは上向きです。ただタイヤが駄目でした。別のもので行きます」
◆重富英雄(3R)「セットをやったが合っていなかった。タイヤ交換と調整」
◆田中輝義(3R)「力がなく滑る。ヘッド回り、キャブ調整」
◆泉田修佑(4R)「滑って跳ねるのでペースが上げられなかった。エンジンは悪くないのでタイヤを交換」
◆田辺誠(5R)「直線で進んでいかない。岩永君のアドバイスでヘッド回りを調整する」
◆深谷輝(5R)「跳ねもなく乗っている体感が良かった。車はいいところまできているので、タイヤだけ探す」
◆小林瑞季(6R)「軽さがあってエンジンがいいので、まくっていける。タイヤだけ選ぶ」
◆高橋義弘(6R)「今節はピストン交換。滑りもそれほどないし、乗りやすくていい。エンジン、タイヤいずれもそのままで」
◆松本やすし(6R)「合っていない。開けてもついてこないしレースアシがない。セットで」
◆片野利沙(7R)「エンジンは悪くない。展開がよくなかった。タイヤを選んで、微調整」
◆吉田幸司(8R)「エンジンは前節の最終日のまま。回転が上がってこない症状がある。セット。タイヤは初日のもので」
◆塚本浩司(9R)「前に誰もいないほうが、自分のペースに持ち込める。エンジンはスタートも切れているしOK。微調整と、タイヤで上積みをさせる」
◆佐久間健光(9R)「タイヤが滑るし、エンジンも合っていない。タイヤとセット」
◆秋田貴弘(10R)「セットを地元に戻しただけ。跳ねるし伸びがもう少し欲しい。電気位置を調整」
◆田斎英世(11R)「風が気になった。悪くはないけど、風があるようなら調整を考えます。タイヤはこのままで」
◆吉松憲治(12R)「展開に左右されてしまった。全体的に足りない気がするのでリング交換」
◆阿部剛士(12R)「悪くないけど、調整が少しズレている感じ。車が外に行きたがるので、立ち上がりが決まらない。調整と、タイヤは2本当てる」