オート:ニュースオート

2017.10.9 16:55

【スピード王決定戦】戦い終わって

◆岩崎 亮一(2着)「調整して優勝戦が一番良かった。スタートもエンジンが良くなっていたので車の持っていきもいいし、滑りもなかった」

◆緒方 浩一(3着)「スタートは行けたし、レースも自分なりには頑張れた。エンジンの仕上がりも今節のベストでした」

◆矢野 正剛(4着)「初めての8周戦はちょっとだけ長かったです。でも健闘しました。タイヤも良かったし、エンジンのおかげ。いい経験になりました」

◆早川 清太郎(5着)「朝練でよかったタイヤがハネました。何度も練習で確認して大丈夫だと思っていたのに…。エンジンは軽くて粗いのもあったけど、悪くなかった。ハネなければ優勝とまではいかないまでも、もう少し前に進めていた気がします」

◆高橋 貢(6着)「エンジンが変調した。時間帯を考えて少し調整したけど、重くなった。開かないし滑りにもつながった。この時間に走っていないのは痛かった」

◆新井 恵匠(7着)「エンジンが合っていなかった。回転を上げていったら上がりすぎた。次の山陽に来たときのデータになったし、いい経験になりました」

◆藤岡 一樹(8着)「滑りを解消させる目的でパワーをつけようとしたら回転が上がらなくなった。タイヤも4日目のでいったが、よくなかった」

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!