オート:ニュースオート

2017.3.20 10:00

【20日山陽】オートレースちゃんねる

復調の気配がうかがえる高橋貢。久しぶりの白星を挙げたいところ

復調の気配がうかがえる高橋貢。久しぶりの白星を挙げたいところ【拡大】

 伊勢崎GIIレジェンドカップの初日から12走、白星から遠ざかっている高橋貢だが、2日目は復調気配だった。

 2日目9Rはスタートで白煙を噴かせて大きく出遅れたものの、そこから追い上げて3着に浮上。気温が上昇し、滑りで追いの利かないレースが多かったことを考えるとエンジンの良さがうかがえた。

 本人も「初日よりいいね。ヘッド回りとキャブ調整をやって、乗りやすさも出たし、まあまあになった」とマシンには及第点。

 スタートの不安は「クラッチごと交換する」と万全を期していた

 3日目は10Rに出走。大外と楽な位置ではないが、王者らしい立ち回りに期待したい。

《選手コメント》

◆滝下隼平(4R)「リングを交換したが、止まりが甘い。先もほしい。セット」

◆渋沢憲司(4R)「違うタイヤで行ったら進まなかった。タイヤを戻して調整する」

◆西村龍太郎(5R)「シリンダーを戻して川口セットにしたら乗りやすくなった」

◆緒方浩一(6R)「スタートは良かったが、エンジンは重くて今イチ。キャブ調整」

◆若井友和(6R)「滑るしエンジンも回転が上がらず合っていない。セットで」

◆有吉辰也(7R)「手前を出そうとしたら余計になくなった。電気位置を調整し直す」

◆池田政和(8R)「エンジンはピリッとしない。滑りもある。タイヤ、リング交換」

◆松尾啓史(8R)「乗りやすいが、根本的にパワー不足。セットとリング交換も視野に」

◆内山高秀(8R)「車は上向いた。スタートもいい。ハネるのでフォーク回りを調整」

◆遠藤誠(8R)「リングを交換してエンジンは上向き。ハネるのでタイヤ交換」

◆丹村飛竜(9R)「タイヤを交換したらハネて滑る。ハネないエンジンを作る」

◆久門徹(9R)「ハネと滑りはあるが、リング交換で伸びが出た。微調整」

◆佐藤摩弥(9R)「暖かい気候のせいか初日よりいっぱいで回れない。微調整」

◆岩田行雄(9R)「バネを調整したら重くて回転が上がらない。調整し直す」

◆栗原俊介(10R)「試走は出たが、レースアシがない。リング交換も考えます」

◆角南一如(10R)「初日と変わらず全体的にいい。滑るのでタイヤは考える」

◆山田達也(10R)「照ると先がないし全体的に足りない。キャブ、ヘッド回り」

◆岡部聡(10R)「アオりと滑りがある。エンジンも伸びがほしい。微調整」

◆金山周平(11R)「キャブ調整で滑りが解消。乗りやすい。スタートもいい」

◆佐藤裕二(11R)「キャブ調整で開けやすくなったと思ったが先がない。調整」

◆佐藤貴也(12R)「スタートは最高。エンジンもいい。夕練で感じを見る」

◆佐々木啓(12R)「木村選手と車は一緒くらい。でも滑らないぶんいいのかな」

◆永井大介(12R)「ハネが解消したのは大きい。エンジンは粗さがある。セット」

◆篠原睦(12R)「エンジンはOK。立ち上がりで少しハネるのでタイヤ交換」

★パソコン&スマホでエイト紙面が読める「競馬エイトView」
  今週は土・日・月の3日間開催!

山本ひろみ(やまもと・ひろみ)オート担当

プロフィル

愛知県出身、射手座、O型。内勤で公営競技全般の基礎を叩き込まれてから、オートレース担当の記者へ。機動力だけが取り柄です。