オート:ニュースオート

2014.8.5 10:00

【5日船橋】オートレースちゃんねる

28期決定戦に勝ち残った中村雅人

28期決定戦に勝ち残った中村雅人【拡大】

 一部で、船橋オート廃止が報道されたことで、ロッカー内でもその話題で持ちきりだった。施行側への取材でも現段階では“決定”ではなく、あくまでも“廃止を含めて”7日の協議会での決定を待つ段階。

 もし、最悪のシナリオになったとしても、いちるの望みに賭けている選手や関係者の熱意は伝えていきたいと思う。

  ◇◇◇

 3日間の熱走路を勝ち抜いてきた優勝戦ベスト8のコメントなどは別のコーナーで取り上げているので、こちらでは28期決定戦を。

(1)高橋義徳「タイヤを換えたら乗り味が悪くなった。でも基本的にエンジンはいいのでタイヤ交換」

(2)武藤博臣「全体的に良くなったけど、やっぱり前に追いつかない。調整してダメなら部品交換も考える」

(3)石井大輔「滑りそうで仕掛け切れず。エンジンは並のレベルかな。軽いので力を求めて調整します」

(4)松尾隆広「エンジンは良くなってきているし、スタートも前よりはいい。タイヤは交換」

(5)桝崎陽介「車は良くなっている。欲をいえば流れ込みが欲しい。タイヤも探す」

(6)大木光「エンジンはまあまあ。大きなことはしない。タイヤは別のを当てる」

(7)西原智昭「まだコーナーがゴツゴツする。直線は変わらずいいので、コーナーの乗りやすさを求めて腰周りとセット。スタートの感じも良くなっています」

(8)中村雅人「セットで少し良くなった。もう少し合ってくれればマシになるはず。手前が出れば伸びにもつながると思う。調整で」

 やはり実績上位の中村雅人が軸となりそうだが、中村いわく「いまのエンジンのままだと、ニシ(西原)君にポーンと行かれたら厳しい。もっと上積みをさせないと」とやや不安げ。しかし「調整で良くはなったから、良くなる可能性はある」と機力アップに力を注いでいた。

 松尾隆広と平川博康の得点はともに24点。級別ランクで松尾隆が上回ったため、8人目に滑り込んだ。エンジンが上向きな松尾隆にとっては20線最内の利を生かしたいところ。「きょうも先にポーンと行かれてしまったニシ君にはスタートではかなわなそう。でも雅人(中村)よりは先に行きたい」と同期にライバル心を燃やしていた。

山本ひろみ(やまもと・ひろみ)オート担当

プロフィル

愛知県出身、射手座、O型。内勤で公営競技全般の基礎を叩き込まれてから、オートレース担当の記者へ。機動力だけが取り柄です。